Posts by Category

contest

AtCoder Grand Contest 026

更新日時:

ABCD は完成。 E は完了はしていないが AC はした。

diary

プレイヤーとして (1)

更新日時:

Twitter で書いた内容を加筆して転載します。大幅に加筆したので 2 つに分けます。

コンテストの解答と記事の push について

更新日時:

私は AtCoder をはじめとするプログラミングコンテストの解答を GitHub 上で公開しています。また、この日記は github-pages 上で serve されており、私の復習用の記事を書いています。これらについては以下のルールで運用されています。

睡眠薬を飲んだあと

更新日時:

Twitter に書いたらそこそこ好評だった。公開できない内容を含んでいないので、こちらに加筆して転載しておく。

Working Experiences

更新日時:

This article tells you what I worked for. You can check my resume here.

母方の祖母について

更新日時:

母方の祖母が他界してから 2 年ほど経過した。書き残しておきたいと思う。最近忙しくて長い文章を書いていなくて、リハビリのつもりで書いておく。

「やらないこと」の反省

更新日時:

以前、やらないことというエントリを書いた。うまくいくところとうまくいかないところがあったので反省文を書く。

AtCoder の何が楽しいか (やらない人向け記事)

更新日時:

最近「 AtCoder のどこが面白いのですか」と聞かれることがある。反語ではなく疑問で聞かれる。私もとっさには答えられないので、この記事にまとめておく。できるだけ簡潔に書いてみる。

AtCoder 自動提出機 正規版から beta へ移行する際にしたこと

更新日時:

自分でタイトルを書いていて頭おかしいと思った。正規版から beta 版へ移行するとはどういうこと。しかしもう AtCoder としては「正規版がダメなら beta 版で。 beta 版が動いているならそれでいいじゃない」という姿勢らしい。

やらないこと

更新日時:

時間を作るために、やらないこと

復習には時間がかかる

更新日時:

ここ最近 AtCoder のコンテストは 1 週間に 1 回以上のペースで開催されているような気がする。もし毎週開催することを社是としているなら、僭越ながら、いちユーザーとして別にそんなことはなくていいと言いたいです。もちろん毎週開催してもユーザーとしては構わないけれども。今と同じように良問を出題し judge ...

問題を考え、答えを見るまでの時間

更新日時:

次のようなシチュエーションがあるとする。ここに問題があるとする。その問題は解けば人類で初という難問ではなく、解いた人が複数いるとする。答えは、検索すれば出てくるか、またはある本に載っていることまで知っているとする。この時、その問題をどこまで考え続けることが一番良いのだろうか。

検査の結果

更新日時:

書くかどうか迷ったけれども、書くことにした。

薬の副作用

更新日時:

薬の副作用。とにかく寝ることだ。朝起きると、朝 10 時を過ぎていることも多い。今日はそこから朝ごはんを食べたものの、薬を飲んでまた寝てしまった。そこから目覚めたのは 15 時。正しい寝方をしていなかったせいで 18 時頃まで体の自由が効かず、仕方ないから iPad で論文草稿を見直していた。こんな状態でもピリオ...

コンテスト前に準備すること (備忘録として)

更新日時:

自分が AtCoder の contestant であるということは、すなわち毎週毎週対局のある棋士と同様とも捉えらよう。 最善の環境を毎回整えるべき だ。メモしないと忘れてしまうので、ここに書いておく。

計算機でない専攻の人の、コンテストとの付き合い方

更新日時:

ゲームAI系コンテスト、評価関数とか方針1個でラッキーパンチ的なのが入ることは割とよくあるので、1回1位を取った=強い、というわけではない。この人はコドゲの方で実績あるっぽいから確実に強いけど。— chokudai(高橋 直大) (@chokudai) 2018年3月1日

論文を書かねばならない

更新日時:

別にアニメの感想を書くつもりはないんだけど、友達にもこの悩み?は話せないので、日記に書いておく。

VSCode に乗り換える

更新日時:

Emacs から VSCode に乗り換えようかなと思っている。

アニメを見ること、人の気持ちを考えること

更新日時:

スクールカウンセラーさんに指摘されたことを、どこかに書き留めておいたほうがいいと思った。どうやら私の身近な人は、この日記を読んでいることが多い。ありがたいことである。そういう人たちと、私の傾向を共有しておくのは、多分お互いの利益になると思う。だから、支障のないことはここに書き留めておく。

阪大の出題ミスについて、個人的に思うこと (1)

更新日時:

最初は阪大の出題ミスについてまとめ、次に入試問題と大学と予備校の関係について述べ、最後は自分の話をする。そういう構成になった。分量が多いので分けることにする。

やりたいゲーム

更新日時:

今年やり残しがあるとすれば、たくさんのゲームだ。『Fate/Grand Order』は最後までやりたかった。コンシューマーでも『アサシンクリード オリジンズ』『ゼノブレイド 2』『スーパーマリオ オデッセイ』だけはやり切りたかった。いやはや 500 時間は必要ですね。

自動提出機での TLE の処理

更新日時:

前から公言している通り、私は AtCoder のサンプルチェックから提出を自動化している。 手元でサンプルチェックをするわけであるが、当然、ときには TLE のコードを書いてしまう。 TLE のコードを書くと、どこかで中断する必要がある。 その時の処理をメモしておく。

CODE THANKS FESTIVAL 2017 出場決定

更新日時:

こんにちは。 株式会社リクルートホールディングス プログラミングコンテスト担当です。 この度は、 CODE FESTIVAL 2017 の予選にご参加いただき、ありがとうございました。 高橋さんは、予選において優秀な結果を残されましたので、 CODE THANKS FESTIVAL にぜひご参加いただ...

JIP Specially Selected Paper

更新日時:

我々の書いた論文が、情報処理学会の Specially Selected Paper に選出された。

/var/folders/ で始まる warning

更新日時:

AtCoder の提出に合わせて GCC 5.4.1 を用いているが、うちの計算機では毎回 warning がでる。

高校教諭の底辺 (1)

更新日時:

学生だろうと教員だろうと、日本トップの進学校出身の方の中には、高校の数学の先生=数学を理解している人=生徒を育てる人と思い込んでいる方が私の周りに一部いらっしゃるようだ。そして教育業界に悪いことをしているのは予備校の講師であると信じている。

この日記の新しいこと

更新日時:

AtCoder のコンテストの記録を書くことにし、サイト内検索機能をつけました。

新しい Mac に移行する際にしたこと

更新日時:

基本的には移行アシスタントに従っていればほぼそのまま移行される。しかし面倒なことややり残したこともあるようなのでメモしておく。

スクスト脱出ゲームの解答・解説

更新日時:

スクールガールストライカーズの 2017 年 7 月の新コスイベントは「謎解きサマーリゾート」脱出ゲームだった。脱出ゲームというものの、実際はヒントから文字列を推察するゲームだった。色々なところに答えが書かれているだろうけど、自分も書き留めておきたいと思う。以下ネタバレ。

「優秀な」人が「生き残る」

更新日時:

某君のtweetに引用されていたポスドクの現状に関する文章ですが、大学院受験で素粒子論及び理論物理全般に応募する人は一読をお勧めします。 https://t.co/Jdr2D1qlNS— o-o⇒o-o-o (@yujitach) 2017年6月20日

問題の認識、強さのありか

更新日時:

認識というのは不思議なもので、答えがわからない間は大変難しいことだと思えたものでも、一度答えがわかると、これは当たり前だと思うようになる。

計算数学の TA に求められること

更新日時:

計算数学の場合は、事前に多くの知識が求められることはまずない。実際、募集要項を読めば誰でも Welcome であるという。しかし、私の個人的な見方では、以下の要素は事実上求められているように思う。

1・2 年の TA をやりたくない理由

更新日時:

数理科学研究科に在学して 5 年目である。私は毎学期 TA をやってきた。今までやってきた TA は、計算数学 I・II (計算機実習) と 解析学特別演習 II (偏微分方程式) である。しかし、普通、 TA と言ったら、多くは、教養学部 1・2 年の演習である。これを今までやってこなかったのには理由がある。

スーパーメトロイド オープニングの日本語訳

更新日時:

少し難しい英語が使われている。作中では字幕が出るものの、英語の内容とは必ずしも一致していない。調べたところ日本語訳を書いているサイトはなかった。メモしておく。

虐待の後遺症

更新日時:

以前も少し書いたが、私は上京前、父親から虐待を受け続けてきた。ほぼ毎日、近所中に響く声で怒鳴られ、時には暴力を振るわれ、物を壊され、投げられた。人とは思えない仕打ちをされてきた。具体的なことは、私が生きているうちにはどこかに書こうと思っている。思い出すだけで辛いので、なかなか書けない。今まで何回か、ここではない場...

組織と堕落

更新日時:

今日はポエムのようなものを書いてみようと思う。

アニメの「好み」について

更新日時:

結論から言うと、私には、明確なアニメの好みというものはないと思う。だからこの記事は私の好みを書いたものではない。アニメの「好み」について、述べたい。

数学の学生にとって、実装は重要か

更新日時:

答えの出ない、人によって意見が異なる内容について日記に書くのは不毛な気もするが、 最近あったことを書き止めておきたいので、この記事を書く。

どなたを指導教員にするか (1)

更新日時:

先輩方の進路を見ていて、どなたを指導教員にするかはその人の将来と相関性があるように、なんとなく思う。 巷には指導教員の選び方が書かれた記事が沢山あるし、そちらが参考になるだろう。 しかし、現役の研究者だと立場上書けない事が多いからだろう。 私は私の記事で、個人的な視点で書いておこうと思う。私は二度と大学院に通わな...

「子供をバカにしてはいけない」

更新日時:

昔、コメディアンの松本人志氏が、任天堂の宮本茂氏と対談した際に、宮本氏が「子供をバカにしてはいけない」と言っていた。

出席クイズ Q and A

更新日時:

出席サーバ(出席クイズ) Quiz Magic Attendance については、口頭での説明は最低限しかできません。詳細なルールや出席サーバの機能は出席管理システムの説明に書いていますが、受講生から出てきた質問にはこちらで答えたいと思います。

TA への不満

更新日時:

ここに書いても仕方ないのだけど。 まだ TA 委嘱中だし、ぼかして不満を述べる。

2016 年度 計算数学 II TA の記録 その 2

更新日時:

前回の続きである。おそらくこれが、人生で最初で最後の、私が人に指導した経験だろうと思う。 前半: Ruby の基礎固め 具体的には、 『たのしい Ruby』を読んで、プログラムを写経してもらう。(第 7 章「メソッド」あたりまで) AtCoder の過去問を選んで、それを解いてもらう。 をした...

院生にとっての「研究」、そして、それからの「防衛」

更新日時:

もうすぐ卒業式・学位授与式である。私は、大学院入学前に、大学院で研究するということはどのようなことなのか、大学院とはどのような場所であるのかということは、知っておきたかった。数年前の私に宛てるつもりで、自分が理解したことを書いておく。

Nintendo Switch 初日の感想

更新日時:

今日は Nintendo Switch の発売日であった。早速買って、ゲームをプレイした。 初日の感想を書く。

名刺について

更新日時:

この業界にいる者?として、名刺を持つ意味について、愚見を述べる。

2016 年度 A セメスター 計算数学 II 出席クイズの解説

更新日時:

計算数学の関係者の Slack で、出題後、解説を書いてきた。 その解説は実習資料集にはさすがに書けなかった。 しかし、このサイトは TA の個人サイトだから公開してもよかろう。 だから、公開する。基本的には Slack に書いたそのままである。

最近聞くサントラ

更新日時:

最近は特に、院生室は世間話をする部屋になりつつあるようだ。 数学をやるなら、他の部屋に行くことができる。 しかし、計算機プログラミングをするなら、院生室でやるしかない。 幸いなことに、計算機プログラミングは考えている時間が 100 %ではない。 プログラムを実際に書く、作業時間がある。 だから作業時間では、ヘッド...

就職の機会を逃すと

更新日時:

最近、周りの後輩の人が、就職できずに大学院に残るということをしている気がする。 その人達は、少なからず私の影響を受けているのではないかと心配になる。 私は、大学院という場所に一定の見限りをつけている。 ゆえに、できれば民間企業に就職したいと思っている。 しかし、就職ができずに今もずっと大学院にいる。

Code Festival 2016 参加記

更新日時:

Code Festival 2016 に参加しました。 1 日目 間に合うはずの時間に家を出たのだが、 新橋からベルサール汐留への行き方がわからず、遠回りをし、 結局遅刻することに。お電話がかかってくる。交通費精算等をやってもらう。 本戦開始時刻には間に合う。本戦スタート後に MBA に電源が来ていないこと...

出席クイズ「出題のコツ」

更新日時:

蛇足ながら、どのような方針で出題をしているかを書きます。 過去問は1人で作ってきましたし、今でもスタッフは私 1 人だけです。しんどいです。 TA の後継者不足が指摘されています。出題のコツを共有しておきたいと思います。

2015年度 Aセメスター 出席クイズ講評

更新日時:

出席クイズの狙いの1つとして、検索技術の向上があります。興味のないことであっても検索し、情報の真偽を見抜く技術は、大切だと思われます。今学期は、意識的に、毎回易しい問題を出題していました。難しいことができるようになるには、結局のところ、基礎演習を積み重ねるのが近道です。

material