最近の投稿

「数学の修得には時間がかかる」ことの概説

更新日時:

「数学科の大学院に進むとはどういうことか?」という記事が出回ってきた。この記事自体は面白い例えを用いていいことを書いていると思う。具体的には、数学の大学院に行くということは、数学を理解して、新しい問題を解くことだということが、例え話を交えて書かれている。この事実自体は否定はしない。

私の使う言語について

更新日時:

この記事を要約すると「教養学部前期課程の講義は Ruby で行われる(2017 年度まで)から、東大の学生は Ruby が初対面の計算機言語となる人は多く、そのまま Ruby を使い続ける人も多い。そして私もそうである」ということである。