CODE FESTIVAL 2017 qual A

更新日時:

CODE FESTIVAL 2017 qual A

ソースコード

解法のメモ

A - Snuke’s favorite YAKINIKU

やるだけ。

B - fLIP

何行目をフリップするかは関係ない。何行フリップするか。全探索。

フリップフラッピング!

C - Palindromic Matrix

回文だから左上 $1/4$ だけ作ればいい。 $H, W$ の偶数奇数で場合分け。

D - Four Coloring

距離空間 $X, Y$ を以下の通りに定める。

\[ X = \mathbb{Z}^2, d_X((x_0, y_0), (x_1, y_1)) = \lvert x_0 - x_1 \rvert + \lvert y_0 - y_1 \rvert. \]

\[ Y = \mathbb{Z}^2, d_Y((x_0, y_0), (x_1, y_1)) = \max( \lvert x_0 - x_1 \rvert, \lvert y_0 - y_1 \rvert). \]

$f \colon X \to Y$ を $(i, j) \mapsto (i+j, i-j)$ とする。すると $f$ は等長変換である。ゆえに、 $Y$ で条件を充たせばよろしい。あとは $d \times d$ の正方形の区画に区切ってぬるだけ。

ポイント

$f$ の変換は念頭にあったが $l^1$ 距離空間から $l^\infty$ 距離空間への等長変換になっていることは知らず。覚えておきたい。

E - Modern Painting

ポイント

F - Squeezing Slimes

ポイント

その他

今年の Code Festival ボーダー高すぎませんか? 私が出られたら奇跡だよもう。

昨年までは、私のような弱小プレイヤーでも、努力すれば通過できて、たくさんの人と交流して刺激を受けられる場所だった。本戦進出者が 100 人だと、選ばれしプレイヤーの集いになるだろう。

最近はどんどん平均レベルも上がっているから Code Thanks Festival もいけるかどうか…

予選 B も C も頑張ります。

コメントする