AtCoder Beginner Contest 059

更新日時:

AtCoder Beginner Contest 059

ソースコード

解法のメモ

A - Three-letter acronym

小文字を大文字に直すところがポイント。 C++ だと、普通のコンパイラでは (char)(s[0] - 'a' + 'A') とすれば良い。 Ruby の場合は str[0].upcase とする。

ポイント

upcase 忘れていた。

B - Comparison

Ruby の場合

多倍長整数が標準でサポートされているので、 to_i で受け取って普通に比較すればよろしい。 7 ms しかかからなかった。

C++ の場合

まず文字列として $A, B$ を受け取る。文字列として一致している時のみ “EQUAL” を出力する。それ以外は “GREATER” か “LESS” を出力することになるが、まず文字列の長さを比較して長い方が大きい。それも一致していたら先頭から見ていって、辞書順で比較すればよろしい。

ポイント

柄にもなく return 1; をしたが、普通に終了するところを全部 return 0; にしないと CE になる。やばい。 assert(false); が安全だろう。

その他

コメントする