新クイズについて

Updated:

概要

期間

  • 開始:2020-01-21
  • 終了:2020-02-23 より前

内容

  • 正誤、整序、和訳から構成される。
  • 原則として 1 日 1 問出題され、翌日 20 時頃に解答を述べる。
  • 現行の東大学部入試前期、及び、現行の文部科学省検定教科書(特に各社の進学校向けの「コミュニケーション英語 III 」)の難易度を参考とする。

ルール

正誤問題

下線部には、文法上あるいは文脈上、取り除かねばならない語が $1$ 語ある。その語(と直後の 1 語)を記せ。

現行の 4(A) で正誤が出る場合、「誤りを含んでいる箇所をマーク式解答用紙で指摘せよ」である。これは私立大学でもよく出る方式である。しかしマークシートが導入される前は、「 1 語削除して正しい文にせよ」という問題であった。概してこのほうが難易度が高いので、この方法を採用する。

「文法上あるいは文脈上」とあるが、仮にこれが「文法上」であったとしても、文脈を外して考えてはいけない。複数の解答が文法的には可能であったとしても、文意で片方が消去されるという出題を東大は 20 年以上前からしている。このクイズでもこれに倣う。

整序問題

次の英文の空所について、最も自然な英語となるように与えられた語を並べ替え、その $N$ 番目の語と $M$ 番目の語を記せ。(ただし不要な語が $1$ 語含まれている。)

和訳問題

次の英文の下線部を和訳せよ。(ただし “〜〜” の語を指すものを明らかにすること。)

現行の入試の 4(B) では。シンプルな和訳問題が出る。近年の東大入試では、構文も語彙も難しいことはほぼない。よって高い点数が取れると考えられる。しかしそれは、訳出のミスなどで減点されてはいけないということでもある。また、文脈を踏まえて訳出を工夫したり、整合性のある訳語を導いたりする要素がある。これをわずかな時間内に行わねばならない。そのような問題を出題する。

難易度の目安

正誤問題・整序問題

例年、 4(A) では文法問題が約 5 問が出題される。そのうち本番では 3 問くらい解ければ十分で、 4 問解ければ上出来、 5 問は時間制限もあって厳しいだろう。

そこでこのクイズでは、 仮に 5 問で構成されるセットがあったとして、易しい順番に並べた際に 3 番目か 4 番目の問題を出題することにする。 ゆえに、このクイズ全体で見たときに、約半分の問題で正解が得られれば十分であろう。

この手の出題をする他大学の問題と比べると、実は東大の過去問は難易度が高い。特に整序問題は難易度が高い。問題を見たときにどれだけの確率で正解を得られるかと、答えを見たときにどれだけ易しいと思うかは異なる。

和訳問題

例年、 4(B) では和訳問題が 3 題出題される。ごく一部に満点阻止要素が含まれることがあるが、それ以外は取りこぼしはあり得ない。ゆえにほぼ満点が取れるはずである。

このクイズでは、これに倣って出題をする。 満点阻止要素が含まれない問題を出題する。 よって、満点を取ることが目安となる。

東大の学部入試は、おそらく全ての科目で、全答案 3 人以上の教員が採点及び確認をする。よってその 3 人が全員合意して減点するであろう要素を減点ポイントとして提示することにする。

目安であるが、一昔前の老害予備校講師たちによる宗教的な「綺麗な訳文」は求められていない。向こうが和訳問題を出題しているのは、出題文が誤りなく理解できているかどうかを、日本語を使って間接的に確認するためである。構文が正確に取れて、正確に語句が理解できていることが、悪意・善意共になく読み取れる答案は得点が与えられる。この基準で提示することにする。

出典について

出題の出典

このクイズでは、必ず明らかにする。

他大学の過去問、河合塾の東大オープンの過去問からよく出る。特に後者は、現在河合塾に通っている人はテキストでやったことのある問題が含まれているかもしれない。もしそうならあしからずご了承ください。

過去 50 年分の東京大学学部入試外国語(英語)の過去問からは出題を避ける。 これらは入試を受ける人ならやったことがある可能性が高いからである。

本文の出典

可能な限り明らかにする。