大学受験の英語と理系の大学入学後

更新日時:

前提

まず、私は英語の知識が全くないわけではないが、英語の専門家ではない。科学英語の知識は全くない訳ではないが、その専門家でもない。以下は素人の個人の意見である。博士課程まで英語または英語教授法の修行を積んだ専門家の方が別のことを言っているならそちらを参考にしてほしい。

ついでにいうと、私は語学の才能が乏しい。河合塾本郷校に行って高沢先生に教わって初めて東大の入試問題が 100 点以上取れるようになった。大学入学後も、英語一列は、例の教科書を暗記するまで読み込むことはできなかったので、決して点数は高くなかった。思うに、同世代の東大に学生の数倍努力して初めて同じくらいの学力がつくのだという実感がある。そういうわけだから、以下のエントリはあまりいうことはアテにしない方がいいかもしれない。

さらに注意をしておくと、私は大学入試にしか興味がない。私が受験生を終えた後から大学入試の参考書は非常に進化した。今私はこれを主に勉強している。特にセンター試験と東大入試は、過去対策をしたこともあるので、英語の勉強の良質な題材となっている。英検は良質な問題が出ると思うので参考にはしているが、 TOEIC や TOEFL といった資格試験には興味がない。試験を受けるのにカネもかかるし、試験だから過剰適応が必要で、そんな時間はもったいないと思うからである。今後も必要がなければ受ける気にならないだろう。

以下では大学入試の英語と理系の大学入学後について思うことを書く。

序文

最近英語の 4 択問題を Twitter の投票機能を用いて出題している。私が問題を出す目的は、以下の通りである。

  • 私の勉強のため。いい問題を見繕って調べて解説することで理解が深まる。毎日勉強する習慣がつく。
  • センター試験や東大の問題は一部のアホな人から「簡単だ」と表現される。しかし実際はセンター試験で 200 点満点を取るのはかなり難しいし、東大の学部入試の英語で 100 点以上を取るには英語の知識も非常に高いレベルがいる。特に前者は現在の私の英語力ではできないだろうことである。そういう人たちに「簡単だとおっしゃるのであれば、その簡単な問題を正解できますよね?」ということで出題している。

当然その出題は「満点阻止系問題」が中心となる予定だった。ところがこれが延々と続くと、私は嬉々としてやるのだけど、解答する人は疲れてやる気がなくなるだろうから、時々清涼剤として「標準的問題」を入れてみることにした。私の Twitter は 2 次元絵 RT で延々と埋まっているのだが、なぜかフォローしてくれる人がいる。大学に入学した人なら「標準的問題」は即答できるだろうと思っていた。 8 割以上は正解してくれるだろうと思ったのだが、案外そんなこともないようだった。

これを見て、理系といえども英語をもっと勉強しておくべきでは…? と思った。 念のために言っておきますが、英語力が足りないを人として軽蔑するつもりは全くありません。一般に、何かの能力が劣っている人を貶すことは、最低の人間のやることです。 ただ、私が思うに、大学入試で良質な英語の問題を課すのは正当性がある。そのことについて述べておきたいと思う。

最近のプロコン界隈は高校生以下の方も多いらしい。そういう方がここを見ているかもしれない。その方たちのために、私の実体験という卑小な例で申し訳ないのだが、英語を勉強する目的や対策を書いておこうと思う。

大学入学後の理系の英語

英語の点数が何点であろうと、合計点が合格最低点を超えれば大学は合格する。晴れて大学に入学すると、以下の現実が待っている。

  • 遅くとも大学 4 年以降は、専門分野を勉強するために英語の文献を読むようになる。遅くとも修士課程 2 年には、英語の文章を書く必要がある。
  • にも関わらず、大学入学後は英語の勉強をする機会がほとんどなくなる。

この結果、結構やばいことがおきている。何が起こっているかというと、英語がはちゃめちゃな人というのが結構いるのである。

ここで補足しておくと、専門数学で使う英語は大学入試センター試験の読解よりもはるかに簡単である。難関私立の高校入試よりもレベルが低いと思う。他の理系の分野はもう少し難しい英語を使う必要があるが、少なくとも現行の東大入試を超えることはないだろう。

さて、現実としては、数理科学研究科だと、修士課程の少なくとも 10 人に 1 人くらいは英語の論文がまともに読めていない。辞書引いても読めていないのでセミナーが中断したこともあるくらいである。そして、博士後期課程の少なくとも 10 人に 1 人くらいは英語の論文がまともに書けない。どのくらいひどいかというと、動詞のない文を平気で書くレベルである。それでも数学の内容がよければ当然博士号に値するから、博士になれる。数理科学研究科は数理科学の学位を出す場所なので、これ自体は問題がない。

それで、まぁ、私の意見なのですが、大きなお世話と言われるかもしれないけれども、さすがにこれはひどい、と思うレベルです。

セミナーの文献が読めないと、数学の指導をしにきたはずの教員が英語の指導をすることになる。 Reading はともかく Writing は重大である。たとえその論文で重大な数学の結果が示されていたとしても、英語がはちゃめちゃだとそれを解読するのは難しくなる。ただでさえ数学の論文は読むのが大変で、私のような凡人だと 1 ヶ月単位で長い時間をかけて内容を消化するのだが、それに加えて英語が意味不明だとどうすればいいのかと思ってしまう。

大学入試のために英語を勉強する

悪いこと言わんから、受験生は英語の勉強をしたほうがいいと思う。今の時代だと「独学で」「一生懸命勉強すれば」センター試験は 200 + 50 点満点にかなり近い点数を取ることは可能であり、東大入試の英語は、英語の勉強だけで少なくとも 90 点は取れるはずである。これだけあれば、即物的には、大学入試の得点源にもなると思う。