教養学部前期課程を振り返ると

更新日時:

このエントリは個人の感想です。(過去の私以外への)他の人へのアドバイスではありません。

私の 1 年生を振り返ると、最初は情報不足でよくわからないまま過ごしていた。オリ合宿などで 2 年生が先輩風を吹かして講義の感想を語るだけで、クラスはウェイ系が多くてやる気がなくなるだけだった。そんな 10 年前の私 に、教養学部前期課程はどういう風な心構えでいると良さそうなのか、アドバイスしたいと思います。私は 10 年前に入学した理科の学生なので、もう情報も古いと思います。今これを読んでいるあなたに向けては書いていません。

高校の完結版

教養学部前期課程は、まず高校から続く教科の完成版を講義・演習するという側面がある。

例えば数学だと微分積分を数学 III でやるが、完全に内容が欠落している。逆三角関数もないので、一部の計算に支障が出ている。せっかく微分をやったのにテイラー多項式やテイラー展開も出てこない。微分方程式もない。これは本当に片手落ちもいいところである。また、今のカリキュラムだと、数列の漸化式の一般項は平気で求めさせるのに、行列すら出てこない。線形代数もやるべきである。あと責任を持って言える分野だと、物理だと、高校の力学だと角運動量すら出てこないし、高校の電磁気学だと電磁波も出てこない。

これらを全く知らないまま理系としての人生を終えるのと、これらを補って完結させてから各自の専門に進むのでは、やはり後者の方がふさわしいだろうと思う。東京大学教養学部前期課程に行けば、数学、物理学、化学、生命科学は講義・演習・実験付きでひたすら教育されるので、かなり良いと思う。

教養学部前期課程の良いところは、先生方が現役の研究者なので、ど田舎の高校のように教諭がアホではない。英語の先生方もプロである(講義の内容が良いかはピンキリだったが)。本物の研究者が真面目に講義してくれる。プロが前途有望な若者に初歩を伝えるのは大変価値が高い。学生はプロに早いうちに触れておくことで人生得をする。

「役に立たない」受験勉強の続き

東大の学部に入学するには、基本的には前期入試で大量の「役に立たない」勉強をさせられる。今までの私の人生で、古文文法や古文単語、漢文の知識は一切役に立っていない。しかし東大に入学する人は「これは何に役に立つのか」などと言い訳をせず、ひたすら勉強する。そしてそれらを苦痛と思わない人が大半だろう。もちろん私もアホな親と教諭を無視して古文文法や古文単語を勉強していたから東大に入学した。

その「役に立たない」受験勉強の続きをすることになる。例えば第二外国語は、今のところ私には役に立っていない。しかしそれらをもう 1 年半勉強するのは別にそんなに悪いことではないと思う。むしろそしてそれらを苦痛と思わないで入学したのならそのままもう 1 年半やってみなさいと思う。

思うに、人がものを忘れることは当然である。私ももう中学入試のための理科などは覚えていない。しかし、一度やったことをまた勉強するのと、全く勉強したことがないことを新たに勉強するのでは、全く理解度が違う。前者の引き出しを増やしておくのが重要である。

何に向いていないかがわかる

私の場合、東大に入って自分が自然科学に向いていないということがよくわかった。 2 年生の夏学期に教養学部必修で「基礎生物学実験」があったが、カエルの解剖で、私は手先が器用でなくて、間違って色々な器官をバラバラに切断してしまった。先生も唖然とするくらいだった。レポートは書いて、一応合格はしたが、「こんなのを人間のカラダに対して行ったら大変なことになるじゃん…」と思った。実験自体は面白かったのだけど、やはり生命科学の講義の理解もいまいちで、よくわからんなと。医学部医学科に進学すると、この先の 4 年半を、理解度低いまま無意味に過ごしてしまうなと。

また、語学については、勉強すればできないこともないけど、同世代の東大生よりもものの習得スピードは低いなと感じた。非常に一生懸命勉強してようやく、東大の普通の学生が普通の勉強量で覚えてしまう量を覚えることができるのだなと。要するに才能・適性が低いとわかった。

思うに、本当になんでもできる人間というのは稀である。私の場合消去法という意味でも、数学科に進学したのである。消極的だと思うかもしれないけれども、何ができないのかは、一度やってみないとわからない。こういう経験を経て、自分の道を決めるのはきっといいことである。

とりあえず勉強しておくのがいいのでは

その逆に、意外なことが自分に向いているかもしれない。自分に私は理二三だったが、計算機の授業も最後まで取っていた。今から考えれば、あそこでプロの先生(山口和紀教授)の指導のもと、「正しい作法」で計算機プログラミングを勉強していたのは確実に自分にとってよかった。才能ある人は我流や独学も良いだろうけども、私の場合はプロの手ほどきがあって本当に良かった。

私だって先見の明があったわけではないが、教養学部前期課程で学んだことは、少なからず今の自分に繋がっている。実は、私の時代では、自分のとった得点というのがわからなかった。だが進振りの際に使用された上位の得点の科目が何であったのかは知ることができた。私の場合は「数理科学 V」「情報科学」「プログラム構成論」とあともう 1 科目 F 系列以外の何かであった。つまるところ、解析学とプログラミングである。振り返ると、今の自分をぴったり予言していると言っても過言ではないのではないか。

こうやって振り返ると、教養学部前期課程は、いい期間だったなと思う。私の場合周りのウェイが嫌で、やることもなく、結局勉強することしかなかった。その課程で、単に学力がついただけではなかった。何に向いているのかわかった。自分にできないことが何なのかもわかった。そして、その時勉強したことがその後の人生で思わぬところで開花するかもしれないし、実際いくつかは開花した。全部が有益なことだとはもちろん言えないけれども、 20 代になるかならないかという時点で人生の最後まで見渡せる訳がない以上、あのカリキュラムを消化することはとてもいいことなのではないかと思う。

これから前期課程に進学なさる方のうち、ウェイが嫌な方は、「受験勉強の続きをもう 1 年半するのだ」と気楽に考えて、入学試験がない世界で、自分の好きなことを中心に勉強してほしいと思う。