睡眠薬を飲んだあと

更新日時:

Twitter に書いたらそこそこ好評だった。公開できない内容を含んでいないので、こちらに加筆して転載しておく。

本文

私は今睡眠薬を処方されている。この薬は以前処方されていたものよりも長く、そして強くきく。飲むと 1 時間くらいで寝られる。この 1 時間に何をするかはいつも問題である。

一番いいのは英語の勉強だ。文法とか構文解釈とか、論理的なところは大体のレベルにあるので、やり残しの大半が覚えるだけで済む膨大な量の暗記である。私の語彙力は 7510 語程度であり、 non-native の目標である 20000 語には一生届かないだろう。生きているうちにそこまで届くのは英語の専門家だけだろう。何れにしても、眠くて覚えられなくても、覚えていても、実害はない。詰将棋の勉強もいいけど、才能がなさすぎて、上達しなくて、飽きた。

そうでなく、間違ってインプット・アウトプットする危険性があるものを避けるべきである。数学、計算機、その他理系科目ははあり得ない。

そしてここからが重要であるのだが、この状態でアニメを見るならば、見るものは選んだ方がいい。

昔からアニメ見てきた人ならよくご存知の通り、深夜アニメはどんどん複雑になっていき、さらに近年テンポも上がっている。以前計算数学出席クイズで TA のうち好成績を修めていて優勝した人と、悪い成績を修めていた人がいたけれども、後者はアニメ見ながらお酒を飲んでいる人だった。私は別に睡眠薬やお酒を飲んだ後にアニメを見るべきではないと言いたいわけではない。しかし計算数学出席クイズはアニメを見ている人なら脊髄反射的に答えがわかる問題を出題するように心がけてきた。それでも、あそこまで差があるのであれば、その状態ではうろ覚えでも問題のないような作品を見るべきだと思う。

私の場合は、この状態になったら、最近は ARIA シリーズ見直したり、 CC さくらシリーズ見たりしている。これらならば、少々細かいところ忘れても問題ない。前者は原作・アニメも何度も見返した。そうでない、複雑で一生懸命みないといけない作品に関しては、やはりベストの集中力で見るべきではないかと思う。

コメントする