スーパーメトロイド オープニングの日本語訳

更新日時:

少し難しい英語が使われている。作中では字幕が出るものの、英語の内容とは必ずしも一致していない。調べたところ日本語訳を書いているサイトはなかった。メモしておく。

The last Metroid is in captivity. The galaxy is at peace…

最後のメトロイドは捕らえらている。銀河は平和である。

I first battled the Metroids on Planet Zebes. It was there that I foiled the plans of the Space Pirate leader, Mother Brain, to use the creatures to attack galactic civilization…

私が最初にメトロイドと戦ったのは惑星ゼーベスであった。そこで私は、スペースパイレーツのリーダー・マザーブレインの、その生命体を銀河文明世界を攻撃するために使う計画を挫いた。

I next fought the Metroids on their homeworld, SR388. I completely eradicated them, except for a larva which, after hatching, followed me like a confused child…

私が次にメトロイドと戦ったのは、彼らの故郷・SR388であった。私は完全にメトロイドを根絶した、ある幼虫を除いて。孵化すると、混乱した子供のように私についてきた。

I personally delivered it to the Galactic Research Station at Ceres so scientists could study it’s energy-producing qualities…

私は個人的にそれをセレス銀河研究ステーションに持っていった。科学者がそのエネルギーを生み出す特性を研究できるように。

The scientists findings were astounding! They discovered that the powers of the Metroid might be harnessed for the good of civilization!

科学者の発見は驚くべきものであった。彼らは、メトロイドの力は文明社会の利益のために利用されるかもしれないことを見出した。

Satisfied that all was well, I left the station to seek a new bounty to hunt. But, I had hardly gone beyond the asteroid belt when I picked up a distress signal!

全てがうまくいっていることに満足し、新たな賞金稼ぎを求め、私はステーションを離れた。しかし、小惑星帯を越えようとしたその時、私は遭難信号を受け取った。

Ceres Station was under attack!!

セレスステーションが攻撃を受けていると。

余談

『スーパーメトロイド』は『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』に収録されることが決まった。探索型のメトロイドは現代のトレンドから外れているので確実にハブられると思っていたが見捨てられていなかった。私は楽しいと思うけれども、私の好みのゲームは多くの人がやらないのはわかっているので、もし買ったらやってみてほしい、という程度にとどめておく。

あと、私は懐古厨ではない。思い出は美化されるけれども、今のゲームの方が断然好きである。今後の発展のためにも、今のゲームをお金を使って購入することが重要だと思っている、任天堂作品に限らず。

コメントする