大学で見ても大丈夫そうな 2017 年冬アニメメモ

更新日時:

(随時更新中)

背景

最近では機器・サービスが整っていて、大学で休憩時間にアニメを見るのは非常に容易になってきている。 一方で、私はハラスメントには非常に気をつけている。研究科の講習会で学んだことや、法令は遵守するように努めている。やや過剰に防衛するくらいで正しいと思っている。

その観点からみると、アニメの中には、複数の事情で、大学で見られないようなものが確かにあるように思う。 問題なのは、大学で見ている間に「この表現は大学で見るのはアブナイ」と思うことはできないということである。そう思った瞬間には「手遅れ」である。 そこで、どのくらい危ないかを予め整理しておく必要がある。

以下で示すのは、2017 年冬アニメにおける、その整理である。大学で暇な時に、このリストを見て、見るものを適当に判断する。

免責事項

  • 以下で示されるのはあくまで私の主観である。演繹的に導かれた帰結ではないことには注意されたい。無保証であり、あくまで一つの意見として捉えていただきたい。
  • 過剰に防衛する関係上、やや厳し目に判断していることにも注意されたい。
  • 「なぜその判断になるのか」ということは書かない。
  • 当然のことではあるが、このリストは作品の善し悪しをリストする意図は全く無い。

大丈夫そうなもの

  • 昭和元禄落語心中
  • 青の祓魔師 京都不浄王編
  • 3 月のライオン
  • Rewrite 2nd シーズン
  • アイカツスターズ
  • 名探偵コナン
  • One Room

基本は問題なさそうだが、話数によっては危なそうなもの

  • うらら迷路帖
  • スクールガールストライカーズ Animation Channel
  • ガヴリールドロップアウト

危険なもの

  • セイレン
  • クズの本懐
  • 風夏

コメントする