Nintendo Switch 6 日目の感想

更新日時:

初日の感想に引き続き、感想を書く。

Joy-Con について

とにかく Joy-Con がよくできている。 TV モードはプロコントローラーを使うけれども、 他のモードは、プロコントローラーを使わずとも、快適にプレイできている。 プレイスタンドからはずして両手持ちするのが案外使いやすい。 現行機の中では、私は Xbox One コントローラーが一番好きだが、 Joy-Con もなかなかよいと思った。この軽さは特筆モノである。

ストラップの外し方

Joy-Con の取り付け取り外しはスムーズだが、 ストラップを外すのは慣れが必要なように思った。コツを書いておく。

  • ストラップの位置を固定し Joy-Con をスライドさせる
  • Joy-Con の取り外しボタンを押す必要はない。

モードについて

初日から印象が変わったところがあるので書く。

携帯モードは慣れた

初日は、細かすぎるので携帯モードは疲れると書いた。 しかし、冷静に考えればこのレベルの解像度は Vita で経験済みであった。 だから携帯モードが疲れてできないというわけがなかった。 細かいので 3DS より画面を近づけて見る必要がある。目に悪いような気もするが、 たまに横になって体力回復しつつプレイするのはなかなかよい。 携帯モードでも、緊張した操作は、慣れと集中力でカバーできる。 例えば『ブレス オブ ザ ワイルド』の場合、 私は携帯モードでサイハテノ島のほこらチャレンジをクリアした。

テーブルモードは使い方次第

テーブルモードは Joy-Con おすそ分けプレイが基本であるように 感じているが、 Joy-Con が一番軽くなるのがテーブルモードであるから、 1 人用ゲームでも、緊張した操作が必要とされない場面では、 テーブルモードは有効に思う。 『ブレス オブ ザ ワイルド』でも使いようがある。 例えばウオトリー村での博打をリセマラするときは、画面を殆ど見なくて良い。 こういうときは、半分寝ながらやれるので、私は左右の Joy-Con を持ってだらりとしながら テーブルモードでこなしている。

これから購入を検討する方へ

Switch は、ゲーム好きな人は、やりすぎて危険かも

今の時代、据え置き型ゲームをやる人は、相当ゲームが好きな人だと思う。 この記事を見る方は、「ある 1 本のソフトがやりたくてハードを仕方なく買うんです」 というレベルではないと思う。

さて、そういう方が Nintendo Switch を手に入れると、 骨のある家庭用ゲームが外に持ち出せるので、 いろいろなところでゲームをやってしまうと思う。 家にいる場合でも、寝ながら楽にゲームが出来てしまうので、 切り時が難しい。私も早速充電器を購入したので無限にできてしまう。

Switch を買うと、家庭用ゲームを今まで以上に深くやれるけれども、 大事なことが疎かになってしまうかもしれない。 せめて、プレイ時間の可視化をするべきであろう。

自分で自分にみまもり Switch をしよう

そこでオススメなのが、Nintendo みまもり Switchの利用である。 自分で自分にみまもりスイッチである。 みまもりスイッチは、ペアレンタルコントロールの最新進化形である。

もちろん、大人の皆様には自分で自分に縄をかける必要はない。 「制限なし」に設定するのは当然であろう。 しかしそれでも、みまもりスイッチの利用価値は高い。利用すると、 毎日のプレイ時間をスマートフォンで閲覧できる。 これは非常に便利である。 「今日はこんなにやってしまったか、やりすぎたな」と数字でわかる。 もちろん自分で経過時間でタイマーを設定することもできるから、 中毒みたいになるのを防ぐことができよう。

『ブレス オブ ザ ワイルド』進捗

とはいうものの、 私は発売から今日まで、『ブレス オブ ザ ワイルド』をやり続けてやり続けた。 ざっと 60 時間やっているが、 やればやるほど課題が出てきて、全く終わる気配がない。 めぼしいところに探索に行くが、まだ全部探索しきれていない。 インターネット上に攻略情報がまだ十分とは言い難く、 大抵の謎は自分で試行錯誤するしかない。 こんな状況で評価や感想を書くことはできない。

私の経験から行くと、私が

  • だいたいやったかなと思えるまで、プレイ時間 100 時間
  • 全てのチャレンジをクリアするのに、プレイ時間 200 – 250 時間

くらいはかかるのではなかろうか。

コメントする